心理療法を導入しました

           平成17年度より心理療法士を配置し、心理療法を実施しています。
          心理室は「虹の部屋」という名称で、子ども達に親しまれています。

 <箱庭の一例です>


 ここでは対象児童の状況や目的に応じて、心理療法士が諸検査や心理療法を実施しています。

  (1)検   査     WISC-V、ロールシャッハテスト、描画(風景構成法等)
  (2)心理療法     箱庭療法、カウンセリング、プレイセラピー、描画

 実施時間は1回1時間、(幼児は45分)を設定し、本人の都合等も考慮して予定を組みます。

 

 
                         <虹の部屋の様子です>